快適に使えるインプラントを手に入れたいなら、治療を受けている間はがんばって禁煙に励みましょう

年々進化を続けるインプラントの技術。

近頃では、医療スタッフもインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。

埋め込んだ人工歯根が骨と十分癒着していなかったりして、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうなど、問題となる不具合が報告されています。

そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足に起因することが多いといえます。

なるべくなら、インプラントを専門としている歯医者さんを選択することが、インプラント成功のカギといえます。

忘れてはいけないこととして、インプラント治療を始める前にあごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。

これまでに歯周病とか顎関節症の経験があれば、治療以前にあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させる問題が生じます。

美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方も治療が事故につながる可能性があります。

ただし、これらの既往症があっても治療不可と決めつけることはできないので不安がなくなるよう歯科医に相談してください。

歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、失った歯だけの治療で済ませたいという場合があります。

例えば、ブリッジで義歯を入れようとすると両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。

インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、失った歯だけを根元から再生する治療になります。

両隣の歯を削って支えにするのはもったいないという希望がある方には他の治療法よりもインプラント治療がしっくりくると思います。

治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療はかなりの費用を要することは確かです。

健康保険が使えることもまれにありますが、その条件はとても厳しいのです。

ほとんど全て自費診療だというのが費用を押し上げる最大の原因です。

インプラントの材質などを選び、極力安くしても十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとするとその数倍の出費もあることを肝に銘じておかなければなりません。

入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。

ブリアン歯磨き粉
その手術とは、プラント(植える)という言葉のごとく、顎骨に穴を開けて、フィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。

手間や費用は非常にかかりますが、そのぶん自然に食べ物を噛むことができますし、見た目の美しさにも優れています。

この治療法には、歯科医は勿論のこと、インプラントのパーツを作る歯科技工士の高レベルの医療技術が必須といえるでしょう。

高価な資材や長い時間をかけた丁寧な施術であり、医療費は高額ですが効果はそれに見合ったものです。

歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。

インプラント埋入手術を受けても、耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。

麻酔が効いたことを確認した上で手術の本番に入るためです。

麻酔が切れた後で、腫れてきたりだんだん痛くなってくることもありますが、化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。

インプラントとクラウンがどう違うかというと、義歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。

虫歯などが原因で、大きく歯を削った場合でも、歯根部が健全であれば上から冠のような形のクラウンをかぶせる治療ができます。

根元から歯を抜いたときの選択としては、入れ歯もありますが、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込むインプラント治療を検討することになります。

虫歯の危険性は、インプラントにはありませんがお手入れを必要としないとは言えません。

義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。

残っている自分の歯と同じく、歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、まずは口腔内をきれいに保ってください。

そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。

「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。

読んで字の如く、歯の中に人工歯の土台を差し込むのが差し歯です。

歯の上半分だけが無くなった場合に、残った下半分を利用して義歯を付けるものなのです。

歯根を含めて歯が無くなってしまったところには、埋め込む所がないので使えません。

さて、そこでインプラントですが、これは歯の土台となるあごの骨の中に、フィクスチャーなどと呼ばれる人工の歯根を埋め込み、そこに義歯を被せるという手順で施術が行われます。

差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも施術が可能なのがインプラントの特長ということになります。

歯科医によっては、この患者にはインプラント治療を適用できないとして失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。

ただ、「骨の厚みが足りない」や「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であればまだあきらめなくて良いかもしれません。

歯科医の腕と設備次第で、少し前なら、インプラント治療はできなかったケースでも治療ができるようになっています。

よく調べて、最先端の治療が受けられる歯科医院を探すことが必要です。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

未分類
毎日のスキンケアの際にホホバオイルやアルガンオイルを使用することで、ますます保湿力が上がり、乾燥知らずのお肌になる

オイルはスキンケアに欠かせないという女性もどんどん増えてきています。 スキンケアのステップにホホバオ …

未分類
あれこれと色々なスキンケア商品を試したりするより経済的で素晴らしいです

お肌のお手入れでもっとも大事なことが余分なものを落とすことです。 きちんとメイクを落とすことで肌の状 …

未分類
インプラントを入れたところに腫れや出血がみられた場合、インプラント周囲炎を起こしているかもしれません

歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後は、傷が落ち着くまで、できるだけ安静に過ごすように努めまし …