インプラントを入れたところに腫れや出血がみられた場合、インプラント周囲炎を起こしているかもしれません

歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後は、傷が落ち着くまで、できるだけ安静に過ごすように努めましょう。

力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、普通の生活を上回る強度の運動は当分控えてください。

血行が良くなると、傷口から出血する可能性があります。

ヴィトックスα
日頃から運動をしている方は、再開する時期を、歯科医と話し合って確認しておけばベターです。

歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも増えてきました。

歯を抜いた、あるいは抜けた後で、歯根部からほぼ元通りになる人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。

従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、歯の根元が骨に埋まっているので自分の歯と同じような強度があり、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。

なお、インプラント治療は全て自費となり、治療費が高額になることは問題点です。

新たな歯科治療の形として注目を集めているインプラントですが、これは若干特殊な治療法であり、他の治療法と同様、注意すべき点があります。

それは何より、インプラント治療を受けることができないケースもあるということです。

インプラント治療をご検討の方は知っておいて下さい。

インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。

糖尿病や心臓病を抱えていて免疫力・抵抗力に難のある方や、アゴの骨が弱っている方、骨が減ってしまっている方なども、インプラント治療を受けられなかったり、準備に時間がかかることがあります。

この場合はインプラントを諦め、代替手段を探すことになります。

一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受けた普通のインプラント治療の中でも、院内感染の可能性は否定できません。

治療を受ける歯科医院を選ぶときは、その医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことが治療の成否に関わる問題です。

院内感染防止は歯科医院でも重要な問題と認識されているため、方策についてホームページ上で公開している歯科医院も当然のようになっているので、まずはそこを見てください。

一般的なインプラント治療は、3つの段階に分けられます。

一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成というプロセスをたどります。

どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまでであごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。

仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始から全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。

長年放っておいた虫歯があり、抜くしかなくなってしまいました。

ブリッジでもいいですよと言われましたがインプラントにすると、このようになりますよと説明され治療を受ける決心がつきました。

ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますが自分の歯に近い使用感があるとのことでした。

手術が終わり、インプラントを使っているうちに、だんだん虫歯だったもとの歯よりも、ずっと良好な使用感になってきたのでインプラントが正解だったと思います。

利点も多いインプラントですが、治療を受ける際に歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。

とはいえ、手術を担当する歯科医の技術や、本人の体調、口腔内の状態なども影響してくるため、必ずこうだと言い切れるものではなく、腫れるか腫れないかは人それぞれとしか言いようがありません。

痛み止めの薬などを服用して、患部を冷やすなどの処置をとっても腫れや痛みが収まらない場合は、すぐに担当医にかかり、診察を受けてください。

人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。

保険がきけば治療を受ける方の数も増えるかもしれません。

それでも保険適用外なのはこの人工歯治療はブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べて歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。

インプラントを埋め込む手術前後の処置や、インプラントと周りの歯がなじんで上手く噛めるようになるまで時間もかかるので全ての治療を通した費用はかなりの額になります。

全面的に保険がきくことにしてしまうと、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。

どんな完璧なインプラント治療でも、治療後も快適な状態を維持するためにセルフケアを怠ってはなりません。

毎食後に磨き残しがないようブラッシングしていわゆるプラークコントロールを完璧に行い、インプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらうことが、インプラント維持のために必要です。

どんな堅牢なインプラントでも、ひとたびケアの手を抜けばいずれ歯周炎などを引き起こすことになります。

長く根気のいるインプラント治療。

しかし、やっと治療期間が終わったといっても、その後のケアに手を抜いては意味がありません。

義歯を劣化させず長持ちさせるのは、結局、その後の自分自身の努力にかかっています。

劣化させないための口内ケアを歯医者さんや衛生士さんが教えてくれますから、毎日欠かさず行うようにしましょう。

治療技術が進歩しても、結局大事なのは自分自身でのケアなのです。

さらに、インプラントの場合、歯の神経がないので、異常に気付くのも遅くなります。

担当歯科医による定期的な経過観察を受けるようにしましょう。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

未分類
あれこれと色々なスキンケア商品を試したりするより経済的で素晴らしいです

お肌のお手入れでもっとも大事なことが余分なものを落とすことです。 きちんとメイクを落とすことで肌の状 …

未分類
クレンジングした後、そのままにしておくと肌の乾燥が進んでしまいます

みためも美しくない乾燥肌のスキンケアで肝心なことは常に保湿を意識することです。 また、皮脂を必要以上 …

未分類
入手したのは良いものの面倒くささが先に立って、使う手が滞りがちになってしまうなんてことも

お肌のお手入れをオールインワン化粧品にしている人も大勢います。 実際、オールインワン化粧品を使用すれ …